solo exhibition @ 空とたね(香川)----- 2019.11.23 - 12.01
道東へ




北の大地への憧れがいつからかずっとある。


冬は雪に深く閉ざされ、厳しい世界と対面し

動植物も人間も春の訪れをただじっと待つ。

やがて雪が溶けて、川に流れて、生命に再生の刻を告げると

植物は一斉に芽吹き、動物たちは大地を駆け回り、生命の賛歌が山塊に響き渡る。

その歌声は大きな声では決してなく、とても静かで謙虚だ。

じっと待つ冬を幾度も越えてきたものだけが持つ声。

その生命の歌声に僕は憧れているのかもしれない。












今回の旅は東北海道の限りなく野生に近い自然を巡る旅だ。

釧路湿原、阿寒湖、摩周湖、風蓮湖、春国岱。

三日間かけてこれらの場所を巡り、憧れていた風景を実際に体感してきた。

そこには生命の形容しがたい輝きと静寂な水の時間が拡がっていた。


















根室半島の付根に位置する春国岱を訪れた。

ここは人の手が入っていない原始林と湿地帯が入り混じる場所で

海水が入り込んで来るためにアカエゾマツが立枯れし

白くなった状態で乱立している。

動物が白骨化したようにも見え、この風景に寂しさを感じるのだが

同時にどこか美しさも憶える。


湿地帯から森の中へと入っていくと数年前に豪雨で倒れた木々がそのままの状態で

右にも左にも横たわっている。

根が剥き出しになり、そこにはまだ泥がついていて、恐いほどに黙ったままだ。

沈黙の中に入り込み自分たちが異物のように感じながらも歩を進めると

白い花が静かに咲いているのが目に止まる。

それがずっと輝いて見えた。

何故だろう。

きっとこの花が花壇に置いてあってもこの輝きはない。

生命の死と再生をそこに見るから輝いて見えるのだろうか。

僕たちはこの花を見て安堵し、その先へと向かった。












人工の桟橋が終わるところまで来て、湿地へと足を踏み入れると

鹿の親子の足跡を見つけた。

足跡はそこら中に付いていてまだ新しいものだ。

期待をして足跡を追っていくと開けた場所に出た。

遠くを見つめると草原に寝そべって休むエゾシカの親子を発見し

またあの輝きが胸に落ちてきた。

生命の輝き。

何も大げさなことはなく、ただ2頭の鹿が草原で休んでいるだけの風景だ。

ただそれだけのことで何故これだけ嬉しいのか。

生命がそこに存在する。

この当たり前のことを、僕は何故なのかと考えてしまう。

理由などなく、ただ存在するから、なのだろうけど

では、生命がそこに存在するというのはどういうことか?

と聞かれても答えが分からない。

生物にだけ生命があるのか。モノにも生命は宿るのか。

木は生命なのか。水は生命なのか。

生命とはなにか。












答えの分からない問いに耽っていると、新たな生命が目の前を横切った。

キタキツネだ。

口には獲物を咥えていて、それを見つからないように隠そうとしているようだ。

僕たちの存在に気がついたのか、穴を掘るのをやめて

颯爽と草むらの中へと姿を消してしまった。

生命とはなにか。

この狐はきっと知っているのだろう。

その答えを持って何処かに消えてしまった。














travels - -
展示のおしらせ


クロヌマタカトシ木彫展「気配」


日時:2019年6月28日(金)〜7月7日(日) 12:30〜18:00

場所:Shoka:  沖縄県沖縄市比屋根6-13-6

在廊:28日(金)
















exhibition - -
平塚市美術館


平塚市美術館で開催されている「空間に線を引く 彫刻とデッサン展」を観た。

彫刻家のデッサンと彫刻の関係に焦点を合わせた企画なのだが

展示されている作家が近現代を代表する方々でどれも素晴らしい。

舟越保武、佐藤忠良、若林奮、舟越桂、三沢厚彦、など。


その中で一際目を引いたのは高垣勝康さんの人物像。

心象という形のないものを人間化することによって現れた彫像。

それはつまり高垣さん自身の人間とは何か、私とは何かという問いの蓄積が具現化したもの。

彫刻は哲学的問いのある一つの曖昧な具体例であり、その時間的蓄積なのだと改めて気付かされる。


この人物像たちが舟越桂さんの人物像たちと対面するかたちで展示されているのも面白い。

高垣さんのデッサンも素晴らしく、それは彫刻と切り離された一つの像として存在している。

お近くの方はぜひ。

僕ももう一回行こうと思う。
















days - -
<< | 2/134 | >>