solo exhibition @ gallery らふと [ 市川 ] --- 2017.4.1-3,8-9
展示のおしらせ

 

白い時間/クロヌマタカトシ木彫展

 

日時:2017.4.1(土)2(日)3(月)8(土)9(日) 11:00〜18:00 
場所:galleryらふと  千葉県市川市鬼高1-1-1 ニッケ鎮守の杜

休み:4.4(火)〜7(金)
在廊:全日

 

 

 

百年前の絵画から新鮮な光が溢れている
二万年前の壁画に生命の灯が燃えている

 

そこに宿る時間は一体何だろうか

 

今、
僕は目の前の木をじっと見つめる
若木、老木、倒木、流木
木は変わらずにいつだって新しい鏡を用意して
僕が僕で在る以前の僕を映し出してくれる

 

さて、僕は余計なものを身に纏わずに
そこに立つことが出来るだろうか

 

今日も僕は木を彫る

 

takatoshi kuronuma

 

 

 

 

一昨年の桜の頃
白い時間と名付けた展覧会をこの場でひらいた
女性や老人、家や小屋の木彫
はなびら零れる時間の中を、ただ静かに像が在った

 

そのひと月後、パリで個展を開いたひとは
今度は生々しい流木の姿をいただき
とりけものを彫り出していた

 

極から極を揺れるように
その制作の軌道は確かで美しい
揺れながら、彫りながら
澄ませているのは心だろうか

 

ふたたび桜のひかりの中で
白い時間が立ちあがる

 

sanae inagaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
白へ

 

白雨 

明るい空から降る雨。夕立。

 

白風

秋の風。

 

白夜

日暮れと夜明けがつながる闇のない夜。

 

白露

月に照らされ白く光る露。やがて朝日に照らされ消えていく。

 

白南風

梅雨のどんよりとした雲を吹きとばす南風。

 

 

 

白い季語を集めて眺めてみる。

明るくて、儚い。

汚れやすく染まりやすく消えやすい。

 

 

 

白い時間

僕が2年前に行った展示会のタイトル。

自己没入する人物の意識が無意識へと溶けていく瞬間を表現しようと思った。

 

そして今再び、白い時間へ向かう。

内なる光と生命の灯の間を揺れながら

掴むことができない、立ち現れるのを待つことしかできないもの。

眼には見えない、けれどそこに在る、気配というべきか。

それは僕が木を彫ることを始めてからずっと追い続けているもの。

近づいているのか遠のいているのかもよく分からない。

 

 

もっと目を凝らし、耳を澄まし、思考せよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
伊勢丹

 

伊勢丹新宿店にて開催される春の企画展2つに参加します。

 

 

○菜の花暮らしの道具店

2017.3.01(水)〜3.14(火) 10:30〜20:00

伊勢丹新宿本館5階 キッチンダイニング/プロモーション

http://kurashinodouguten.com/?p=2142

 

 

○工房からの風から(前期)

2017.3.15(水)〜3.21(火) 10:30〜20:00

伊勢丹新宿本館5階 センターパーク/ザ・ステージ#5

http://blog.hinata-note.com/

 

 

 

※菜の花暮らしの道具店では装身具を、

 工房からの風からでは鳥のオブジェを出品します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
<< | 2/119 | >>