solo exhibition @ 空とたね(香川)----- 2019.11.23 - 12.01
展示のお知らせ

 

 

クロヌマタカトシ展

 

日時:2019.11.23(土)〜12.01(日) 12:00〜18:00 / 休み:月、水、金
場所:空とたね 香川県綾歌郡綾川町北946-2

在廊:23(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
浮遊


8月が終わりに向かう頃、海岸に流木を拾いに行った。

展示会が始まる二週間ほど前のこの時期に

流木を拾いに行くことなんて今までにはない。

この日は朝からアトリエで制作を始めたのだが

気持ちがざわざわとして落ち着かず身体も妙に軽すぎて

借物の身体を使っているみたいで木を彫ることに集中できずにいた。

そういえば少し前に台風が来ていた。

もしかしたら海岸にいいものが落ちているかもしれない。

そう思い立ったらもう動かずにはいられなかった。

車に乗って高速道路を風のように走って海に出た。



海岸には無数の流木が打ち上げられていた。

自分より大きな木も横たわっている。

とても持ち上げられるような重さではないその大きな存在に近づいて

漂泊の長い長い道程をその木肌から想うと

波の音も消えて、時間の流れから逸脱し

何処か知っているようで知らない場所を浮遊するような感覚になる。

この感覚が僕は好きだ。

自分が人間であり生命体であることの自覚と

到底計り知ることのできない大きな存在を想うこと。

きっとこの当たり前の感覚に触れる為に流木を拾いに来たのだろう。

制作の渦の中に呑み込まれていた身体をここまで運んできて良かった。

分離していたものが再び繋がったような気がした。



目に留まったいくつかの流木を持ち帰って洗い

その一つで鯨を作ることにした。

計り知れない大きな存在。

死と再生の象徴。

雄大な時間の海を泳ぐ者。

この流木と鯨の存在が僕の中でつながっていった。



:::



今、この鯨は伊豆にあるギャラリーnoirの黒い空間を泳いでいる。

どうかご覧いただきたい。





二人展「浮遊/vol.2」


日時:2019.9.07(土)〜9.22(日) 11:00〜17:00 木曜休み

場所:ギャラリーnoir/NOKTA 静岡県伊豆の国市中750-1

作家:ナカオタカシ・クロヌマタカトシ






















exhibition - -
展示のお知らせ



二人展「 浮遊/vol.2 」


日時:2019.9.07(土)〜9.22(日) 11:00〜17:00  木曜休み

場所:ギャラリーnoir / NOKTA  静岡県伊豆の国市中750-1

作家:ナカオタカシ・クロヌマタカトシ

在廊:07(土)




空中を漂い、水面に浮かぶものは、遠い記憶か、未だ見ぬ憧憬か。

二人の造形家による物体と空間の実験、第二弾。




















exhibition - -
展示のおしらせ


クロヌマタカトシ木彫展「気配」


日時:2019年6月28日(金)〜7月7日(日) 12:30〜18:00

場所:Shoka:  沖縄県沖縄市比屋根6-13-6

在廊:28日(金)
















exhibition - -
西安展

 

中国の古都・西安での展示会が始まった。

何から書けばいいのか分からない。

大陸の広大さと出会った人々の器の大きさに感動するとともに

日本の小ささ、つまりは自分の器の小ささを省みることになった。

小さな島国の国民性と言ってしまえばそれまでになってしまうのだが

日々の見えない何かにいつのまにか流されて

見える範囲がどんどんと狭くなってしまうことに対して危機感を覚えた。

それは自分自身の制作においても、人としての在り方においても。

視座を高く保ち続けていかなくてはと思う。

 

 

今回web・snsでの発信が遅れてしまってすみません。

僕なりに考えがあって今のタイミングでの発信としました。

具体的には転売あるいはコピー製造への対策と

作品の純粋な伝わり方についての個人的な考えからです。

実際に、在廊している間にいくつかの作品は顔の見えるかたちで

想いある人の元にお渡しすることができました。

拂石軒というギャラリーが丁寧に今まで積み重ねてきた想いと

キュレーターの楊さんが様々な配慮のもと準備してきてくれたこと。

ハタノワタルさんの素晴らしい作品とともに唯一無二の空間が実現したこと。

今回のために悩みながら生み出した作品。

それらが小さな労力で横から奪われることなく

思いのある人の元へ直接届けられたことを嬉しく思います。

作品の伝わり方について何が純粋で何が在るべき形かはわかりませんが

寡作の作家として、どのように伝えていくかは模索しなければいけません。

 

 

展示空間はなかなか日本では実現が難しいくらい

素晴らしいものになりました。

この場所で展示ができて本当によかったです。

またこのような機会があることを願って日々制作をしていきたいです。

感謝を込めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.5.11〜2019.5.18

拂石軒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
展示のおしらせ


よつあし展


日時:2018.12.8(土)〜12.24(月) 11:00〜19:00

場所:sahan  愛知県名古屋市千種区猫洞通3-21 KRAビル1F

在廊:8(土)




陶芸家・石原稔久さん、銅版画家・富田惠子さんとの三人展です。

「よつあし」をテーマに動物などを展示します。

石原さんと富田さんの作品にはそれぞれプリミティブな強さがあり

現代的な親和性を持ちながら洞窟壁画を描いていた時代の記憶を感じさせます。

そんなお二人とどのような共鳴を起こせるのか。

どうぞご覧ください。



















exhibition - -
展示のおしらせ

 

クロヌマタカトシの木彫

 

日時:2018.10.20(土)〜10.28(日) 11:00〜18:00 休み:水曜

場所:うつわ菜の花 神奈川県小田原市南町1-3-12

在廊:20(土)・28(日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
展示のおしらせ

 

工芸、語りかける けんちく展

 

日時:2018.8.22(水)〜10.15(月)10:00〜18:00 火曜定休

場所:SFT GALLERY 東京都港区六本木7-22-2  国立新美術館B1

 

出展作家:村上躍(陶) ハタノワタル(和紙) 矢尾板克則(陶) クロヌマタカトシ(木彫)

キュレーション:祥見知生(うつわ祥見)

 

 

 

六本木の国立新美術館SFTギャラリーにて行われる

建築をテーマにした企画展へ参加致します。

僕の中で建築というのは学生の頃からの一つの大きなテーマで

それは今も変わらずに在り続けています。

今展への想いは一つ前の記事に書いていますので

ご覧いただければ幸いです。

 

※今展では動物・人物などの作品は出展しません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
展示のおしらせ

 

クロヌマタカトシ展

 

日時:2018.7.21(土)〜7.30(月) 12:00〜18:00 火曜休み

場所:うつわ祥見KAMAKURA 神奈川県鎌倉市小町1-6-13 コトブキハウス2F

在廊:21(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
展示のおしらせ

 

クロヌマタカトシ個展 「 気 配 」

 

日時:2018.6.30(土)〜7/8(日) 13:00〜19:00

場所:ギャラリー上り屋敷 東京都豊島区西池袋2-32-6

在廊:6.30(土)・7.8(日)

 

 

 

パリ展の巡回展を開催します。

今回の企画をしていただいたギャラリー上り屋敷にて

パリでの展示作品を中心に、和風空間での展示です。

どうぞお運び下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
| 1/12 | >>