solo exhibition @ Galerie Metanoia [ PARIS ] --- 2018.6.08-6.14
潜水

 

 

日本海を永い時間漂ってきたこの流木は

僕の奥底にある記憶の海を泳ぎはじめた

曖昧で不可思議で仄暗い意識下を潜水し

彫刻刀を持つ僕の右手を引っ張っていく

 

 

やがて光溢れる場所から

誰かの声が聞こえてきた

僕たちは導かれるままに

その声の主に会いにいく

 

 

--------------------

 

 

call

open. 11:00 - 20:00(カフェL.O. 19:30)

東京都港区南青山5-6-23(SPIRAL5階)
SPIRAL 5F, 5-6-23 Minami-Aoyama,
Minato-ku, Tokyo 107-0062

 

 

 

聞こえますか?

今は世界のどこかに在る
ものたち
海の向こうから
日々の手の中から
遠い記憶の中から
たった今の想いから
生まれてきたものたちを
呼びよせて
そこに息づく物語に
耳を澄ませて
暮らしの中で
寄り添ってみる

 

「callより」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

works - -
祈りの形

 

ある人の、

松ぼっくりが好きだったという母への祈りのために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

works - -
祈りの形

 

ある人の、

顔を見ることができなかった娘への祈りのために。

 

 

 

 

 

 

 

 

works - -

 

 

 

 

 

 

何処から来て、何処へ向かうのだろうか

 

あらゆる生命は循環している

 

 

 

 

 

 

 

死と再生を、繰り返す

 

環の中へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

works - -
帯留








一年振りに帯留を制作しました。
20日(金)からのグループ展に出品いたします。
詳細はこちら






works - -
:::
白鳥の帯留



狼の帯留



満月の帯留



燕の巣の帯留



裏側(3分紐用)





works - -
:::

音も言葉も溶けて



works - -
:::

巨岩



works - -
:::









works - -
:::



花運び                     花(金属):きたのまりこ作





works - -
| 1/5 | >>