solo exhibition @ 空とたね(香川)----- 2019.11.23 - 12.01
作ろうとする世界の違和を問い続けるために

 

 

 

我々は何処から来て何処へ向かうのかという問いは

宗教と哲学の歴史において、繰り返し問い続けられ、決して答えの出ない問いとして今も在り続ける。

 

この問いの唯一の解答法は神の概念の導入なのだろう。

人間という階層の上にもう一つ上の階層を付け加えれば、人間の世界は神の箱庭として鑑賞される世界になり、創造物としての生を全うする事が人間の生の根拠となり得るのは納得がいく構造だ。神様を喜ばせるために生きる。多くの宗教の根幹は創造神への感謝である。しかし人間はこの階層を維持できない。神を人間の世界に引きずり下ろして勝手に神の子を生み、階層を越えて神と話をしてしまう。やがてその天啓者を神の階層にいる人間だと思いたい後世の人々によって宗教が始まっていく。

宗教は人間の階層から生まれたものだ。神の階層の概念ではない。だから人間の生の根源について答えを持っているわけではない。ただ神に感謝することしか人間には出来ないということを自覚することが、本来の宗教が教えられる唯一のことではないかと僕は考える。それをただただ信じるということ。帰依するということ。それが宗教の根幹ではないだろうか。

 

それでは哲学はどうか。哲学はこの問題を上の階層を用いずに解決しようとする。人間に備わった二つの偉大な道具の一つ、“言葉”によって。しかしプラトンでもカントでも東浩紀氏でもこの問題の答えを言葉で記してはいない。それは何故だろう。それは言葉という道具の性能限界がそこにあるのではないだろうか。人間が生の根源について脳で考える。脳で考えるためには言葉を使わなければならない。脳がどれだけ優秀でも、言葉がそのスペックについていけない性能だとしたらその先へは進めない。今身につけている言葉に代わる新しい“言葉ver.2.0”をインストールし、人類が進化するより問題解決の方法はないのだろう。映画「メッセージ」のように。

 

では言葉の限界は人間の限界を決めてしまうのだろうか。そうではない。人間に備わった偉大な道具はもう一つある。それは“手”だ。

人間は手で何かを作ることができる。洞窟の壁に絵を描くことができる。土を焼いて器を作ることができる。石や木を彫って像を作ることができる。人間は手で何かを創造することで言葉の限界を越えようと、意識的にも無意識的にも努めてきたのではないだろうか。

我々は何処から来て何処へ向かうのか。その問いを言葉に変換する瞬前に手が動き出して訳の分からないものを作る。それはまだ何者でもないもの。言葉の介入してこない世界。古くから芸術家たちはそうやって作品世界を作ってきたのではないだろうか。ラスコー洞窟の芸術家になぜこのような絵を描いたのか、と聞けるとしたらおそらく彼らは答えを持っていないだろう。それは言葉も宗教もない世界での出来事だからだ。縄文人に火焔土器のことを聞いてもおそらく同じだろう。キョトンとして、やがて踊り出し歌い始めるだろう。彼らは哲学や宗教のかわりに音楽と美術を愛していた。言葉以前の世界では歌と踊りが人と人を結ぶ手段だった。

僕はそう考える。しかし、だからといって生の根源に対する問いが無かったとは思わない。人間の思考法が言葉以外にあるのならば彼らの思考法は現代人と別のものだったと思う。ただそれを知る術はないけれど。

 

僕はいま、言葉と手を持った現代人として何かを作りながら生きている。

手で何かを作り、それに言葉で名前をつける。

あるいは言葉で概念を与えてから手で作ってみたりする。

言葉と手の間で彷徨い、そこに存在する違和は絶えず抱え続けている。

しかしそうやって作り続けていくしかない。

言葉を手放すことはできない。

むしろ言葉によってこの違和を問い続けることができる。

そしてまた手で何かを作ることができる。

宗教から哲学と美術の両輪へ。

問い続けながら作り続けて進む世界へ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
平塚市美術館


平塚市美術館で開催されている「空間に線を引く 彫刻とデッサン展」を観た。

彫刻家のデッサンと彫刻の関係に焦点を合わせた企画なのだが

展示されている作家が近現代を代表する方々でどれも素晴らしい。

舟越保武、佐藤忠良、若林奮、舟越桂、三沢厚彦、など。


その中で一際目を引いたのは高垣勝康さんの人物像。

心象という形のないものを人間化することによって現れた彫像。

それはつまり高垣さん自身の人間とは何か、私とは何かという問いの蓄積が具現化したもの。

彫刻は哲学的問いのある一つの曖昧な具体例であり、その時間的蓄積なのだと改めて気付かされる。


この人物像たちが舟越桂さんの人物像たちと対面するかたちで展示されているのも面白い。

高垣さんのデッサンも素晴らしく、それは彫刻と切り離された一つの像として存在している。

お近くの方はぜひ。

僕ももう一回行こうと思う。
















days - -
散歩記


久しぶりにカメラを持って散歩に出た。

春の温かい陽射しと

冬の名残を抱えた冷たい風が

融け合わずに同居している。

幅も深さも頼りなく流れる川の脇を歩くと

生命力を爆発させた菜の花が風に揺れている。


いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

かすかなるむぎぶえ


山村暮鳥の詩を思い出しながら麦笛の音を探したけれど

聴こえてきたのはかすかなるうしのこえ。

午睡の字のお手本のように昼寝をする牛。

春眠はとくに気持ちがいいのだろう。







いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

ひばりのおしゃべり


ヒバリも見つけられなかったけれどツグミの姿を写すことができた。

調べてみるとツグミは冬鳥で日本で越冬した後はシベリアへ向かうらしい。

この鳥もきっと旅支度を整えてこれからの長旅を想っているのだろう。

そう思うとなんだか凛々しく見えた。











いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

やめるはひるのつき


昼の白い月は雲の向こうに隠れていた。

かわりに風に揺れる白い花をじっと見ていた。


しろいはながゆれる

しろいはながゆれる

しろいはながゆれる

しろいはながゆれる












days - -
即興と反芻

 

『よつあし』

 

人類が誕生する遥か昔、大地が氷河に覆われていた頃。

鯨に四つの足が生えたような巨躯を持ち、体は太い白い体毛に覆われ、四角い顔らしきものから伸びた髭とも角とも解らないものを引きずりながらゆったりと雪原を闊歩する獣がいた。

この獣はときに立ち止まって、巨大な顔と髭を鐘楼のように左右に振るのだがこの現象はくしゃみのようなものだと考えられている)、その長い髭が風を切る音はジェット機のエンジン音の数百倍というとんでもない轟音で、一度このくしゃみが起こると、大地が揺れ津波が起り火山が噴火したという。髭には無数の穴が空いていてそこに風が吹き込むことで音が鳴るのだが、一つ一つの穴の形状はどれも違っていて、もはや振動でしかない重低音から超音波のような超高音まで複雑に重なり合った音を鳴らすことができ、髭の一本一本の動きはまるで意志があるかのように生き生きと舞い、音を奏でる。彼は顔を左右に振りながらオーケストラのマエストロのような気分で大地が沸き上がるのを楽しんでいたようである。

この獣は後の時代のマンモス、あるいは現代のジャコウウシの祖先と唱える研究者もいるが、確かなことは何も分かっていない。通称“よつあし”と呼ばれているこの獣がもし現代に生きていたら、神という概念を信じる信じないに関わらず、その演奏に畏怖の念を覚え、あの存在はカミそのものだと認識せざるを得ないだろう。それほど我々人間とはかけ離れた存在なのである。

 

 

 

 

 

名古屋で開催中のよつあし展の初日、この展示の参加作家3人が集まり

それぞれが持ち寄った素材でその場でよつあしを作るというライブ制作があった。

よつあしというのは名前の通り四つの足を持つ生き物で

版画家の富田惠子さんが自身のモチーフとして

特定の動物の固有名より限定的でない呼び方として呼んでいる名前である。

上に書いた物語は僕の創作物で、全て架空のおはなし。

ライブ制作で作ったよつあしに勝手につけた神話である。

 

この即興で何かを作る、というライブ制作が僕にとってとても新鮮だった。

普段、木を彫るという作業の中で体験する時間とは違う、まったく別の脳の筋肉を使う体験だった。

まず様々な素材がテーブルの上に置かれ、素材の海に放り出された状態からスタート。

麻布、針金、流木、厚紙、鹿の角、牛革、藁半紙・・・

どれも風化したテクスチャーを持った眼に楽しい品々で、

何もかもを掴もうとすると溺れそうになるので、一つの素材を手に持ち、何になるのか考え始める。

僕はここでかなりの苦戦を強いられた。

 

いつも使っているものづくりの筋肉は持久走を走るためのものだ。

彫刻を一体彫りあげるのには長い時間をかけて形を作っていかなければならない。

頭の中に完成形が見えていたとしても、目の前の木は瞬時にその形になることはない。

一彫り一彫り、粘り強く食らいついて、緩やかに変わる景色を見ながら自問自答を繰り返し、いつかのゴールを目指していく。

一方このライブ制作は短距離走、あるいはジャンプ力を必要とする競技なのだ。

素材の軽さを活かしていかに跳躍できるか。

湧いてきたアイデアの力をいかにスムーズに手に伝えられるか。

これは手の器用さよりも、ものづくり脳の柔軟性と適応能力が試される。

 

参加作家の一人、陶芸家の石原稔久さんは柔軟で瞬発力のある筋肉の持ち主だった。

次から次へと素材の海を泳ぎまわり、どんどん作品を生み出していく。

しかもそのどれも同じパターンではなくバリエーションも豊富。

朝から夕方までずっと手を動かし続けて、疲労感もなく風のように軽やかに去っていった。

僕が柔軟体操をしている間に。

 

 

 

 

 

一年程前からクロッキーと粘土を始めた。

どちらも限定された時間の中でいかにイメージの芯を捉えられるか、という鍛練である。

クロッキーは2分、5分、10分という短い時間でモデルさんを描写する。

全ては描けない。

では何を描くか。

一本の線で、空間を。動きを描く。

目で見えている情報を脳に伝達し手に移し紙に写す。

見えているもの全てを描こうとすれば渋滞が起こる。

瞬時に濃縮して濃縮して軽やかで重さのある線にまで絞ってやることが理想だけれど

これがとても難しくて渋滞ばかり起こして時間切れとなる。

 

粘土も同じように制約があることが楽しい。

ゆっくりしていると固まってしまうので最初のイメージに素直に従わなければならない。

何を捉えようとしていたのか。

立ち止まってこねくり回し始めるとダメになってしまう。

正確さより的確さ。

こちらもとても難しいけれど木にはない楽しさがある。

とは言えやはり僕の還る場所は木なのだけれど。

 

 

 

 

牛は四つの胃袋を持ち、食べた物を消化するために反芻する。

一度噛み砕いたものをもう一度噛み直して身体に吸収しようとする。

繰り返し繰り返し、時間をかけて噛み続けるしかない。

牛歩の歩みであっても。

いつか知らないうちに筋肉がついているように。

持久走も短距離走も走れる柔軟な筋肉を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
時間変更のおしらせ

 

ギャラリー上り屋敷で開催中の展示会では

初日から多くの方々にお運び頂きましてありがとうございます。

 

最終日の7月8日(日)の開廊時間の変更のお知らせです。

 

13:00〜17:00

 

その他の日は19:00まで開いておりますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
PARIS2018

 

15日間のフランス滞在を終えて帰国しました。

3年振り2度目のパリでの個展では多くの方々に作品を観ていただき

様々な表現での感想と優しい言葉をいただきました。

通りすがりのムッシュやマダムがすっとギャラリーに入って来て

何の前情報のないフラットな状態で作品に感動してくれたことは僕にとって一番嬉しい事でした。

フランスの方々は自分の言葉というものを持っていて

自分がどう思っているのか、何に対して感動したのかを言語化しようとしてくれます。

残念ながら僕はフランス語ができずに、お互いに不慣れな英語での会話で

悔しい想いもしましたが伝わってくるものがありました。

3年前よりもっと自分に対してパリに対して踏み込みたいと考え続けてきましたが

終わってみるとまだまだ準備が足りないと感じます。

3年後、また機会があるならばさらに踏み込めるように日々鑿を研ぎたいと思います。

 

 

 

 

 

パリに10日間、その後プロヴァンスに5日間滞在し

多くの絵画・彫刻・建築に触れることができました。

3年前にも観たものが今の視点でみると全く違って見えることが新たな発見で

優れた芸術作品は見る人の視座に合わせて様々な場面を用意し

こちらが観ようとするならば寛容さで包み込むように受け止めてくれる力があるのだと感じました。

念願のルトロネ修道院の光の空間はやはり素晴らしく、シャガールの純度の高い絵に心奪われ

ブランクーシの具象の芯を持つ抽象表現に深く頷きました。

今回観たものを備忘録として3年後のためにもここに列記しておこうと思います。

 

ブランクーシ、ブールデル、ザッキン、マイヨール、ジャコメッティ、ロダン

シャガール、コクトー、ピカソ、フジタ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ユトリロ

モディリアーニ、ボルタンスキー、ロスコ、古代ギリシャ彫刻、古代エジプト彫刻

フランクゲーリー、セナンク修道院、ルトロネ修道院

 

 

 

 

 

今回のパリでの個展はギャラリー上り屋敷さんの企画で実現しました。

パリでの展示作品も含めた巡回展を6/30からギャラリー上り屋敷さんで開催します。

順次DMも発送いたします。

お時間合いましたらどうぞお運びください。

お待ちしております。

 

 

 

クロヌマタカトシ個展 「 気 配 」

 

日時:2018.6.30(土)〜7/8(日) 13:00〜19:00

場所:ギャラリー上り屋敷 東京都豊島区西池袋2-32-6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
存在と不在の間

 

僕の最近のテーマである「気配」という言葉。

目には見えないけれどそこに在るかもしれない、という曖昧極まりない言葉。

この言葉についての考察。

 

 

【気 配】・・・はっきりとは見えないが、漠然と感じられるようす。

        死んだり離ればなれになったりしても感じられる、その人の面影・名残。

 

 

気配と似た言葉で雰囲気、佇まいというものがある。

 

 

【雰囲気】・・・その場やそこにいる人たちが自然に作り出している気分。

        また、ある人が周囲に感じさせる特別な気分。ムード。

 

【佇まい】・・・立っているようす。また、そこにあるもののありさま。

 

 

辞書で調べてみると、

雰囲気はそこに存在している人に対して使われる言葉であり

佇まいはそこに存在している人や物に対して使われる言葉のようだ。

一方、気配はというと不在の人や不在の何かの事象に対して使われている。

 

雰囲気のいい人とは言うけれど、気配のいい人とは言わない。

佇まいのいいコップとは言うけれど、気配のいいコップとは言わない。

森の中で獣の気配がした、あの机にはおじいちゃんの気配が残っている、

最近は秋の気配を感じる、など気配が使われる場面には常に対象者は不在だ。

気配は目には見えないものに対して使われ、雰囲気や佇まいは目に見えるものに対して使われる。

 

ここで僕の作っている作品に戻ってみると、大きな矛盾が生じてくる。

作品は形あるものであるにもかかわらず、気配という言葉は形のないものに対して使われる。

気配という不在に宿るものを追いかけているにもかかわらず

作品は常に目に見える形で存在している。

この矛盾をどう説明すればいいだろうか。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
entre existence et absence

 

 

 

パリでの個展まで2週間となった。

気配という曖昧な日本語を仏語で表すことができず

存在と不在の間、という意味の言葉を並べてみた。

あとは作品から感じてもらうしかない。

 

言葉と形。

どちらもある事象を断定し切り取るものだと思う。

それはある意味で一つの仮定に過ぎない。

発せられた言葉、あるいは書かれた言葉がいつどこで誰が何を思い用いたのか。

作られた形がいつどこで誰が何を思い作ったのか。

言葉と形はそれ自体には純粋な意味は無いのかもしれない。

前後の文脈、環境、感情、記憶、思考、、、

複雑な複数の要素を同時に内包する仮の器としての言葉と形があるに過ぎず

その中に入っている目には見えない何かを食べて味わってもらうことが

その言葉と形の存在意義なのだろう。

 

今年は一月から準備を重ねてきてもっとたくさんの作品が出来上がるはずだった。

けれど悩み考える時間、芽が出てくるのを待つ時間がいつもより長くなってしまった。

熟成され旨味が増したものになっていればと願うばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
朝の庭

 

午前四時三十分。

眠れぬ夜は朝に繫がり、黒い窓が薄くぼんやりと蒼くなっていくのを見ている。

蒼白い四角とそれを縁取る黒い太い線。

まるで松本竣介の画のような窓だ。

 

 

 

 

何かが立ち現われてくる瞬間、それが刻々と消えていく瞬間。

まだ人の気配が混じっていない空気の中を移動する粒子。

鳥と僕だけがこの庭を見ている。

わずか三坪の森の中でそっと気配を消すように静観した。

 

 

 

 

 

午前五時三十分。

今これを書いている部屋の窓はもう松本竣介ではない。

遠くに車のエンジン音も聞こえ始めた。

いつもと変わらない見慣れた朝の庭をそっと見て、ラジオをつけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
伊勢丹中心世界

 

お世話になっている『菜の花暮らしの道具店』さんが

新宿伊勢丹に出張展示されます。

器を中心とした展示ですが、僕の装身具も少し置いていただいています。

そうそうたる作品が一堂に会するこの機会。

お近くへご用事の際にはどうぞお立寄ください。

 

 

 

菜の花暮らしの道具店 in 伊勢丹新宿店

 

日時:2018.3.7(水)〜3.20(火) 10:30〜20:00

場所:伊勢丹新宿店本館5階 東京都新宿区新宿3-14-1

 

 

:::

 

もうひとつ。

こちらもお世話になっている『工房からの風』さんも

会期を追うようにして伊勢丹に出展されます。

こちらは今回、僕の作品の出展はありませんが

若手の作家の瑞々しい作品をご覧いただけるかと思います。

どうぞご一緒にお楽しみください。

 

 

工房からの風から 展

 

日時:2018.3.14(水)〜3.27(火) 10:30〜20:00

場所:伊勢丹新宿店本館5階 東京都新宿区新宿3-14-1

 

 

 

 

 

扉を開けたらそこはテーマパーク。

 

けもの『伊勢丹中心世界』より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
| 1/18 | >>