solo exhibition @ Style-Hug Gallery [ 東京 ] --- 2017.12.16-12.21
展示のおしらせ

 

「 気 配 」

 

日時:2017.12.16(土)〜12.21(木) 11:00〜18:00(最終日17:00)

場所:Style-Hug Gallery 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-8 原宿第2コーポ208

在廊:16(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
白鳥

 

晩秋のある日の湖の畔で

それは夕闇の中からぼんやりと姿を現した。

優美な姿を僕たちに見せつけるように

まるで能楽師のようにゆったりと水面を舞っていた。

 

美しいものを観ると時間が止まる。

その止まった時間は僕の中に記憶として刻まれる。

この刻まれた記憶をできるだけそのままの形で木に映せないだろうか。

姿形ではなく記憶の中にある気配を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
気配 鵺

 

室内に静かに響くグレゴリオ聖歌。

修道士の無垢な祈りの声は空気中の不純物を鎮静し

僅かに入り込む光の屈折を助けているかのようだ。

 

溶岩に染み込んだ濃縮された無花果の香りは

記憶を呼び起こす装置となり

あの日あの場所へと人々を誘う。

 

何処かへ向かって真っ直ぐと伸びる道。

その両脇に屹立する人物像と動物像。

自己の存在の不確かさを抱えた彼らの

見つめる先に差し出された、手。

 

音も光も香りも溶け出し

私という存在もまたこの室内に溶けていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不在を作っているのかもしれない。

展示期間中にある方との会話からふとそう思った。

気配というものを追いかけていくと

そこに在るけれど目に見えないものを意識しながら

目の前では形あるものを作っていくことの矛盾に常に晒される。

 

僕が工房で使っている椅子は

昔おじいちゃんが座っていた椅子で

今もその気配が残っているがおじいちゃんは不在だ。

 

在るということの不思議は記憶と結びついて

認知されるのかもしれない。

 

僕の中で彫刻を作るということは

在るということを作ることだと思っている。

それは強く存在感を放つものへと向かう方向と

じんわりと染み込んだものが溶けていく方向の両極があるように思う。

そしてどちらもまた形から派生するものでありながら

形のないものを目指している。

それを僕は気配と呼んでいる。

 

 

 

 

今回の制作では何度も手が止まってしまった。

ただ形を作ることはできるけれど、その先が見えなかった。

イメージや動機が薄く、なかなか辿り着くところまでいかない。

苦しい時間が続いた。

 

展示当日は恐る恐るギャラリーの扉を開けた。

そこに置いてあったDM作品の手は美しい光に包まれて

この空間に祝福されていた。

作品は空間と一体となって新たな気配を纏うことを教わった。

 

今回の展示空間は僕の中で忘れられないものとなった。

それは写真では伝わらないのでここには載せない。

この空間体験がこれからの僕の中の一つの基準になっていくと思う。

 

今回の展示会に遠方から、地元からお越しいただいた皆様に

深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

そして一緒にこの空間を作り上げていただいた末藤さんにも

深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
| 1/124 | >>