solo exhibition @ ギャラリーらふと(千葉)----- 2020.9.12-13-14-19-20
石に刻む

 

看板の制作を頼まれた。

新しくオープンするギャラリーのために。

 

単線の鉄道に揺られ、水平線を窓の向こうに眺めながら駅に着いた。

遮るもののない改札を通り抜けて、新緑の桜並木を歩く。

静かだった。

雑音がしない。

今空気を振るわせているのは僕の呼吸音と葉擦れくらいだろう。

桜の木の脈打ちが僕の肺に響いてくる。

 

気がつけば目的地に着いていた。

落ち着いたウォームグレーの一軒家。

以前にもここに来たことがある。

そんな錯覚をおこすような郷愁漂う佇まいの家だった。

 

新しいものであるはずのものに懐かしさを感じるのは何故だろうか。

 

これは彫刻を作っている時の問いの一つでもある。

剥がれたペンキや錆びた鉄、風化した木肌などのテクスチャを

表面だけなぞってみたところでノスタルジーにはならない。

それは時間の被膜を人工的に作り、貼り付けているだけで

中身に時間が存在していない。

人が郷愁を感じるのはその人の記憶と中身の時間が結びつくからではないだろうか。

 

郷愁を感じる彫刻の中には時間が存在していて

対峙した人間の無意識の記憶と結合して見えないものを感じさせる。

それは時に遠い生命の記憶まで手繰り寄せて懐かしいと感じさせる。

だから懐かしさは自分が体験していないことでも感じることが出来る。

 

そう解釈してみれば、新しいもの、新しい場所に懐かしさを感じることは

そこに時間が存在していれば自然と成り立つのだろう。

 

きっとこの新しいギャラリーには時間が存在していたのだ。

 

 

サイン大02.jpg

 

石板にギャラリーの名前を刻んだ。

木ではなく、石がいいと思った。

トルコ産のトラバーチンという石を選んだ。

時間を感じたからだ。

 

石を彫るのは初めてだった。

石は木より冷たく、より一層静かだった。

固く、重く、柔らかい。

 

言葉が誕生し、文字が発明させて

古代メソポタミア、古代エジプトの頃から

人は大切なことを石碑や粘土板に刻んできた。

その歴史を思いながら鑿をすすめた。

 

ある方に教えていただいた

古代ローマ時代から用いられたラテン語の諺がある。

 

verba volant, scripta manen

言葉は飛び去るが、書かれた文字はとどまる

 

この文字が永くこの場所にとどまってくれますように。

願いを込めて、石に刻んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

works - -
展示のおしらせ

 

SHOKEN IZU 完成記念プレオープン展

 

日時:2020年7月22日(水)〜7月26日(日) 12:00〜17:00 完全予約制

場所:SHOKEN IZU 静岡県伊東市富戸903-136 城ヶ崎海岸伊豆急別荘地内

 

作家:クロヌマタカトシ 荒川真吾 安齊賢太 尾形アツシ 小野哲平

   木曽志真雄 田宮亜紀 升たか 矢尾板克則 ハタノワタル

 

 

SHOKEN IZUではご来場の皆様にゆっくり作品をご覧いただくため

完全予約制とさせていただきます。

オープン期間のうちご希望の日時/お名前/人数/当日ご連絡のとれる電話番号/交通手段をお知らせください。

混雑防止のためご希望に添えない場合がございます。

あらかじめご了承願います。

 

ご予約専用MAIL   | izu☆shoken.co ☆印を@に変えてお送りください。

2020年7月22日(水)〜7月26日(日) ご予約時間 12:00〜/ 13:00〜/14:00〜/15:00〜/16:00〜

駐車場2台完備

 

 

 

 

SHOKEN IZU 概要

 

建築設計|山田誠一 (山田誠一建築設計事務所)

構造 |高橋俊也構造建築研究所

施工 |株式会社梅原建設(建築工事)|山脇豊左官(左官工事)

サイン意匠 |クロヌマタカトシ

アートデザイン |橋詰冬樹

 

 

 

:::

 

 

 

伊豆高原に新しくオープンするギャラリー「SHOKEN IZU」にて開催される

プレオープン展に参加いたします。

彫刻作品数点と大型流木作品を出展します。

 

また、ギャラリーのサイン意匠を担当させていただきました。

サイン意匠の事は後日ブログに書きたいと思います。

 

6月に一足先にギャラリーの内覧をしました。

窓からのおぼろげな自然光の移ろいに伴い、変容する薄灰色の左官壁や

まるで随分前からそこに在るような、調和を感じさせる建物の佇まい。

海を見ながらギャラリーへ向かう時間。

作品を観るとは、どういうことか。

ひとつひとつ考えを積み重ねていくと、こういう形になるのではないでしょうか。

 

静謐な空間と作品との共鳴を、僕自身楽しみにしています。

内覧は完全予約制ですので、お気を付けください。

 

https://utsuwa-shoken.com/archives/2521.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

exhibition - -
兆しに立つ

 

木を彫ることに自分を掘ることを重ねてきて

この四月で10年となった。

見えることより見えないこと

見えていたものより見えていなかったことが多くなり

この先は果てしない海原なのだという実感は10年前よりも強い。

自分の思考の範囲も分かってきて、同時に飽きてきていて

この見えない線を飛び越えたいと常々考えてはいるけれど

それも線の中のことでしかなく、踠いているように見せて

足のつく見知った浅瀬を巡回しているだけだという恐怖に陥ることがある。

最近読んでいるプラープダーユン著『新しい目の旅立ち』の冒頭にも

同じようなことが書かれていて、これは30代問題なのだと勝手に解釈している。

 

それでも何かしら動いてみなければ現在地は変えられない。

展示が延期になっても、この国の政治家が文化に関心がなくとも

僕は木を彫ることに、変わらずに取り組まなくてはならない。

それが僕と世界の接点であり、文化的な先人達がみた景色と繋がる

唯一の接点になりうるはずなのだから。

 

小さな情報に流されずに、兆しに立っていたいと思う。

 

心ある人が見てくれているみたいで

温かなメッセージを今日も受け取り、感謝の気持ちです。

作品を作ることが人との出会いを豊かなものにしてくれていること。

これは確かなこと。

 

僕は変わらずに木を彫ろう。

アトリエでやりたい事もあるのでその準備も整えている。

共存の道が見つかって、晴れる日が来るときのために。

 

 

:::

 

 

文章は自分の頭の中の整理にと書いていたのですが

この春から稲垣早苗さんが主催するオウンドメディアにて

連載を始めることになりました。

よろしければこちらもご覧下さい。

 

https://musubuniwa.jp/ha/2152/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

days - -
| 1/136 | >>